×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脅威の買い目予想!
3連単転がし馬券術

京都記念の概要

1942年に京都競馬場のハンデキャップの芝3500mの重賞競走京都記念として創設され、春と秋の年2回施行された。春の競走は出走条件が5歳(現4歳)以上、秋の競走は4歳(現3歳)以上と決められていた。

1944年から1947年春までは太平洋戦争の影響により開催中止、1947年の秋の競走から再開、秋の競走は芝3200mに変更された。しかし春の競走も翌年に芝3000mに変更、秋の競走も1949年に芝3000mに変更した。

1951年には春の競走を芝2400mに変更。春・秋ともに負担重量を別定に変更したが翌年には再びハンデキャップに戻し、春は芝2200m、秋は芝2000mに変更。しかし1953年には再び春・秋ともに負担重量を別定にし秋の競走も芝2200mに変更したが、1954年の秋の競走は再びハンデキャップに戻され混合競走に指定、1955年には春の競走も指定され、芝2000mに変更した。1956年の春の競走から混合競走から除外、1959年の秋の競走は開催中止となった。

1964年には春の競走を芝2200mに変更、1969年からは春・秋ともに芝2400mとなった。

1984年にはグレード制施行によりGIIに格付け、再び混合競走に指定、現在の年1回制に変更となった。

1994年には現在の別定の芝2200mに変更され、1996年には地方所属の騎手が騎乗可能となり、2005年には混合競走から国際競走に変更された。日程的にドバイミーティング・ドバイデューティーフリーとドバイシーマクラシックのステップレースとなり、2007年にはアドマイヤムーンがこのレースともども連勝を飾った。

関西圏では日経新春杯に続く古馬の芝のGII競走であるが負担重量が別定なのでGI級の有力馬が年明け後の始動のレースとして出走するケースも多く、本競走から阪神大賞典や大阪杯をステップとして天皇賞(春)に向かう傾向がある。

出走条件はサラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬及び出走登録を行った外国調教馬(8頭まで)。

負担重量は別定重量で2007年までは賞金別定で行われたが、2008年からはグレード別定重量に変更となり4歳は56キロ、5歳以上は57キロ、牝馬は 2キロ減を基本とし、更に牝馬限定GI優勝馬を除くGI優勝馬は2キロ、牝馬限定GI優勝馬、牝馬限定GII優勝馬を除くGII優勝馬及び施行日当日から過去1年以上超の牝馬限定GI優勝馬を除くGI優勝馬は1キロの負担が課せられるよう定められている。但し、2歳時のグレード・グループ優勝は対象外。

総額賞金は1億2,100万円で1着賞金6,400万円、2着賞金2,600万円、3着賞金1,500万円、4着賞金960万円、5着賞金640万円と定められている。

現在の優勝レイの配色は緑色の地に銀色文字となっている。(Wikipediaより抜粋)


ザ・スナイパー

過去6ヶ月の回収金額\4,523,000
09年よりスタートした勝馬!特筆すべき点は何と言っても回収金額である。独自の予想ロジックと絶大なる情報源を元に、他の追随を許さないほど圧倒的な的中・回収率の競馬情報サイトです。オススメです!

★情報提供までの流れ
下記リンクより空メール送信
返信メールよりエントリー
焔ノ秘買い目情報を確認


買い目確認はコチラから


▲概要TOP

Copyright 2010
京都記念2010 予想公開
勝馬|携帯アフィリエイト|セクシーSNS セクシーSNS/携帯アフィリエイト/債務整理/自己破産/競馬情報